資格のための勉強や学習はもっと楽できる

資格のための勉強や学習で苦労していませんか?

実は資格のための勉強や学習はもっと楽することができます。 ポイントは記憶力です。

記憶力って良し悪しではなく、使いこなせているか?上手く使えていないか?です。

心当たりありませんか? 楽しかったことや、大切な思い出、好きなテレビのシーンなどは、覚えるつもりは無かったのに、すぐ簡単に細部まで思い出せますよね。 つまり、無意識には使えてる記憶力を、 意識して使えるようになれば、覚えることが苦手ではなくなるはずです。

もし、「覚えることが苦手」「覚える勉強が嫌い」と思っているのでしたら、ぴったりの方法があります。 記憶力をアップさせる方法です。

方法は簡単です。 1日7分のトレーニング。

この方法、話題の記憶術で、もう70万人以上が利用した実績のある方法です。

「でも、自分には合わないかも?」・・・大丈夫です。 公式サイトには10代から40代のさまざまな方の感想が掲載されています。これを見ると疑問も解消するはずです。

詳しいことは、個別の資格ページで紹介しています。 ごゆっくりどうぞ。

資格取得後の事をもっとイメージしよう

ただ資格の勉強に没頭するのではなく、資格取得後のことをもっとイメージしましょう。

資格取得でできること、資格取得で周りの人の反応は、仕事はどう変わるか?昇進・昇格は?資格取得で人とのつながりの関係は?同じ資格取得者とのやりとり。。。

いろいろイメージすることで、資格の事をもっと理解できますし、資格取得にたいするモチベーションも上がっていくでしょう。

また、資格は持っているだけでは意味が半減します。せっかく努力して取得した資格なので、使いこなしたいところです。どう使いこなすか?使いこなすにはどんなことが必要か?楽しみながらそうぞうしてみてはいかがでしょうか?

そんなことを考える余裕を作るためにも、勉強方法の選択はすごく大事です。

役立つことには、積極的に!躊躇しているうちにライバルたちに先を越されますよ。




資格と資格取得の豆知識

業務独占資格と資格の関係
資格によっては、資格の中の特定の分野または小区分において、業務独占が認められているものがあります。例えば、技術士という資格がそうです。建設部門と水道部門で業務独占が認められています。

難関資格と家族
難関な試験に挑むとき、どうしても、家族や周りの人の協力が必要ですね。仕事や家庭をもつ社会人ならなおさら、試験勉強のための時間を工面するために、周りの人の協力が不可欠ですね。もちろん、本人の頑張りが一番重要ですが。

社内資格
資格には会社の中だけで利用される、社内資格というものもあったりします。大きな会社の社内資格だと、社内限定とはいえ、その影響力は大きかったりしますので、なかなか侮れなかったりします。

資格選び
資格にはいろいろあります。似たような資格がたくさんあることもあります。資格を選ぶときは、資格の難易度のほか、資格の知名度や実施主体についても調べることが大事かもしれませんね。

資格と受験層
資格には受験層の広い資格と、専門性が高いなどで、限られた人だけが受験する資格があります。受験層が広い資格は、誰もが使えるスキルについての資格ですね。例えば、情報技術や語学などは受験層が広いです。

Copyright © 2007 資格の勉強はもっと楽できる. All rights reserved