資格のための勉強や学習はもっと楽できる

資格のための勉強や学習で苦労していませんか?

実は資格のための勉強や学習はもっと楽することができます。 ポイントは記憶力です。

記憶力って良し悪しではなく、使いこなせているか?上手く使えていないか?です。

心当たりありませんか? 楽しかったことや、大切な思い出、好きなテレビのシーンなどは、覚えるつもりは無かったのに、すぐ簡単に細部まで思い出せますよね。 つまり、無意識には使えてる記憶力を、 意識して使えるようになれば、覚えることが苦手ではなくなるはずです。

もし、「覚えることが苦手」「覚える勉強が嫌い」と思っているのでしたら、ぴったりの方法があります。 記憶力をアップさせる方法です。

方法は簡単です。 1日7分のトレーニング。

この方法、話題の記憶術で、もう70万人以上が利用した実績のある方法です。

「でも、自分には合わないかも?」・・・大丈夫です。 公式サイトには10代から40代のさまざまな方の感想が掲載されています。これを見ると疑問も解消するはずです。

詳しいことは、個別の資格ページで紹介しています。 ごゆっくりどうぞ。

資格取得後の事をもっとイメージしよう

ただ資格の勉強に没頭するのではなく、資格取得後のことをもっとイメージしましょう。

資格取得でできること、資格取得で周りの人の反応は、仕事はどう変わるか?昇進・昇格は?資格取得で人とのつながりの関係は?同じ資格取得者とのやりとり。。。

いろいろイメージすることで、資格の事をもっと理解できますし、資格取得にたいするモチベーションも上がっていくでしょう。

また、資格は持っているだけでは意味が半減します。せっかく努力して取得した資格なので、使いこなしたいところです。どう使いこなすか?使いこなすにはどんなことが必要か?楽しみながらそうぞうしてみてはいかがでしょうか?

そんなことを考える余裕を作るためにも、勉強方法の選択はすごく大事です。

役立つことには、積極的に!躊躇しているうちにライバルたちに先を越されますよ。




資格と資格取得の豆知識

資格で信頼獲得
資格の効果の一つに、初めて仕事する相手に対しても、素早く最低限の能力を示すことができて、早く信頼関係を構築しやすいということがあります。分業社会のなか、初対面の人と一緒に仕事する機会は多いですからね。そんなときは、資格が重宝です。

資格試験の緊張感
資格試験は緊張しますね。その試験に向けてがんばり続けてきた、その成果が試される場所ですからね。しかも、失敗したらまた一年間がんばり直しなわけですからね。その資格への思い入れが強いほど、緊張感は高まりますね。

弁護士と中小企業
2006-2007年に行われたアンケート調査によると中小企業の半数は弁護士を利用していないそうです。司法試験の制度改革があり、弁護士の数が増えていきそうですが、弁護士の需要はまだまだありそうですね。経済活動と法律はきってもきれない関係ですが、社会が変化しているため、それに合わせて法律も変化していますからね。

資格のそろえ方
仕事に活かすために資格を取得するとき、どんな資格を選ぶかは大切です。全く関係のない資格を取っても、その仕事ではあまり意味を持ちません。やはり、関連のある資格を選択して、そういった資格取得に注力したいところです。

有資格者の集まりや協会
有資格者によって協会や団体、集まりを結成している資格は多いです。そんな有資格者の団体では、さまざまな情報発信をしていることも多いですので、資格を調べる際に利用するのもいいかもしれませんね。

Copyright © 2007 資格の勉強はもっと楽できる. All rights reserved